PRODUCT 製品情報

  • VALVE

    バルブ

    油圧バルブの構造として、油圧シリンダなどのアクチュエータの発進停止、方向の制御、加速減速、シリンダの定位置ロック、流れを一方向のみに通し逆流を防止するなどの制御に使用されています。
    コントロールバルブはセクション(鋳物分割)タイプ・モノブロック(鋳物一体)タイプの当社主力商品以外にも、チェックバルブ・リリーフバルブ・クッションバルブなどもラインナップとして揃えています。
    油圧バルブの開発・設計は本社・上田工場で行っており、本社工場・中之条第2工場・南条工場、南条第2工場・上田工場が製造拠点となっています。
    多くのお客様から当社コントロールバルブをご用命頂いておりますことから、国内でもトップシェアの位置付けとなっています。

  • CYLINDER

    シリンダ

    油圧シリンダの構造として、外部から入力される圧油流体を直線運動へ変換させるための装置で、入力される圧力・流速をコントロールすることにより、推力・摺動速度をコントロールすることができる製品です。また、高荷重を発生させることが本来の目的であるので、耐久性を確保する技術を必要とする製品でもあります。
    『錆びない・漏れない・壊れない』をモットーに開発から生産を自社で行っています。
    油圧シリンダの開発・設計は全て自社で行っており、本社工場・中之条工場が製造拠点となっています。
    コントロールバルブ同様、シリンダも多くのお客様からご用命頂いておりますことから、国内でトップシェアの位置付けとなっています。

  • GAS SPRING /
    FREE LOCK

    ガススプリング / フリーロック

    ガススプリングは、圧縮ガスの圧力で反発力を発生します。ガス圧はコイルバネに比べバネ定数が低く、長い圧縮ストロークでほぼ一定の反発力を発生させることが可能です。
    さらに減衰力を得られる構造から、扉類の開閉速度をコントロールすることも出来ます。
    また、任意位置でのロック機能を付加した製品(フリーロック)は、新幹線のリクライニングシートに採用されており、そのシェアは100%です。
    現在ガススプリングを開発・設計から生産までを行う国内唯一のメーカーです。

  • ENGINE PART

    エンジン

    カムシャフトブラケットは「軸受け機能のみ」の単純なものから、油路を内蔵し、センサー取付け穴があるなど複雑な形状のものまであります。近年では様々な機能を有する部品へ進化しており、エンジンの一部として欠かせない部品となっています。
    自動車用エンジン部品には高い品質、軽量、高精度、そして低コストであることが求められます。当社ではマシニングとトランスファーマシンを使った自動化生産を行い、常に進歩を続けるカーテクノロジーの要求に応えています。